納骨までの手続き

どこの霊園、墓地であっても納骨には手続きが必要です。
墓地、埋葬等に関する法律 第1章 第14条に 墓地の管理者は市町村長の許可書交付の改葬許可書又は火葬許可書を受理した後でなければ埋葬をさせてはならないとあります。
つまり自宅にあるお骨も、納骨堂にあるお骨も、お墓に埋葬されていたお骨もお墓に納骨するためには改葬許可書又は火葬許可書が必要となります。
火葬場で火葬すると必ず火葬許可書がもらえます。この火葬許可書はだいたいお骨と一緒にお骨箱の中に納められています。しかし納骨堂に収蔵した場合やお墓に埋葬した場合、納骨堂や墓地・霊園を管理している管理者が火葬許可書を受理することとなり、ここで火葬許可書がお骨と離れることとなります。1度お骨と火葬許可書が離れた場合には、市町村長の許可書交付の改葬許可書を発行してもらう手続きが下記の通り必要となります。

自宅からのお墓に納骨する場合
お骨箱の中を確認してください火葬許可書が入っております。紛失された場合はご相談下さい。

民間運営の(寺院、公益法人)納骨堂からお墓に納骨する場合
次の通り手続きが必要となりますが1度お骨箱の中を確認してください。
火葬許可書が在中している場合があります。
納骨堂の管理者から収蔵証明書(焼骨証明書)を発行していただき、お骨のある市町村役場に提出しますと改葬許可書が発行されます。
札幌市の場合は市役所4F環境衛生課から発行されます。

公営の納骨堂からお墓に納骨する場合
運営している市町村役場から改葬許可書が発行されます。

民間運営の(寺院、公益法人)墓地、霊園からお墓に納骨する場合
墓地、霊園の管理者から埋葬等証明書を発行していただき、お骨のある市町村役場に提出しますと改葬許可書が発行されます。
札幌市の場合は市役所4F環境衛生課から発行されます。

公営の墓地、霊園からお墓に納骨する場合
運営している市町村役場から改葬許可書が発行されます。

申請に必要な事項
死亡者の氏名、本籍、住所、性別、出生年月日、死亡年月日、年齢、埋葬又は火葬の場所埋葬又は火葬年月日、改葬の理由、改葬の場所、死亡者と申請者の続柄、申請者と墓地使用者の関係、霊園によって発行手数料、印鑑、その他