お墓にするとどうなる??納骨堂にするとどうなる?
まず、お墓にしようか、それとも納骨堂にしようか考えて頂くためにお墓と納骨堂について調べてみました。
お墓の種類
お墓の種類には3種類があります。
  1. 永代に継承相続をして個人又は家族のお墓として使用できるお墓。
  2. 使用期限の決まっている(継続不可)個人、家族のお墓。
  3. 管理者の定める条件の下納められる合葬墓。
納骨堂の種類
納骨堂には利用する方法に違いがあります。
  1. 期間を決めて(継続は相談)預ける方法。
  2. 納骨堂の建て替えまで預ける方法。
お墓と納骨堂の違いは?
  • お骨をお骨箱、骨壺から出して自然に還すことが出来るのがお墓。
  • お骨をいつでも移動できるようにお骨箱、骨壺から出せないのが納骨堂。
すべての、お墓も納骨堂も許可申請をして行政から認可を頂いて運営していますが、法律上の違いは、姿形ではなく、お骨の納める状態で区別をしております。
よく聞く言葉
私達はこんな言葉をよく聞きます。
『家は女の子しかいないから納骨堂にするの』
『子供に迷惑をかけたくないから納骨堂にするの』
でも、考えてください納骨堂は建物の中にあるのです。
納骨堂を建て替える時にはどうなるのでしょう。
建物の解体、建設費用となる寄付金と、新たに必要となる納骨堂の購入費用今、必要となる納骨堂の購入費用以上に負担がかかるとは思いませんか?